自然葬のあれこれ(海洋葬、樹木葬、宇宙葬)

img-1

「自然葬」という言葉は、平成3年に「送葬の自由をすすめる会」という市民団体が使ったのが最初ですが、その後、徐々に広まっていき、現在では自然葬を請け負ってくれる業者もずいぶん増えてきました。



業者が扱う自然葬として最も多いのは、遺骨を海にまく「海洋葬」です。



では、海洋葬とはどのような様式で行われるのでしょうか。実際に経験された方のお話では、よく晴れた日に、船で沖合まで出て、霧笛の音を合図に式が始まるそうです。



そして、粉状に細かく砕かれ、水溶性の袋に入った遺骨を袋のまま海へ投げ入れます。



それに続いて献花を行い、船は、海に浮かんだ花の周りを何度か回って、港へ帰って、式は終わるということです。



その方は海洋葬に対して、なんとなく暗いイメージをもっていましたが、実際には開放感があってすがすがしい印象を受けたと言っていました。

自然葬の中で海洋葬に次いで人々の関心が高いのが樹木葬と呼ばれる送葬方法です。
これは、雑木林の中に墓地を作り、地面を掘って、そこに骨壺から遺骨を出して直接納めて、土をかぶせた上に山ツツジなどを植えるというものです。



樹木葬は海洋葬とは異なり、許可された墓地内で行われるので、遺骨を細かく砕いたりする必要はありません。
また、遺骨を土中に埋葬することができます。
最近では、これらの送葬方法以外にも、骨灰を納めたカプセルをロケットで宇宙に送る「宇宙葬」を取り扱う業者も出始めているようです。

関連リンク

img-2
新しい自然葬、宇宙葬

自然葬と聞くと、海に遺骨をまく海洋葬(自然葬の中でも実際に行われる件数が最も多いと言われています)や、雑木林に遺骨を埋め、その上にツツジや桜などの木を植える樹木葬(最近、注目を集め始めています)などを想像される方が多いと思いますが、最近では宇宙葬と呼ばれる送葬方法も存在しています。宇宙葬は遺骨の一部をカプセルに納めて、人工衛星打ち上げ用のロケットに乗せ、宇宙空間で散骨を行うという、最も新しい自然葬の形態です。...

more
img-2
自然葬を望む人が増えています

現代の私たちの日本の社会では、死後は火葬が行われるのが最も一般的です。火葬されると遺骨は骨壺に入れられ、墓に納められます。...

more
top